日本酒に合う酒器

おうちで一杯

「器 日本酒」
に関連するツイート
Twitter

RT @275oxoxo: 今日、約1年くらい待ってやっと白亜さんの猫徳利と猫お猪口が我が手に!!!このニヒルな顔たまらんんんンンン!お猪口の猫達も今にも飛び込みそうな子やハチワレだったりと気に入った子達を購入することが出来ました(*´∀`*)これでたくさん日本酒飲むぞーーー…

Twitterこにゃんにゃぽん@ #肉球新党 #東京4区@konyannya

返信 リツイート 34分前

煮切った日本酒に岩塩と鶏がらスープの素溶かしたタレにベーコンとにんにく炒めて香り写したごま油入れて入れておいて茹でた麺ぶち込んで炒めたベーコ切ったネギ卵黄乗せてガーッと混ぜて完成

竹輪納豆、木綿豆腐、カレイ煮付け、自家製ザワークラウト、ぬか漬けなどで晩酌なう。北島 雄町。漬物使ったザワークラウトは3回とも成功したのでオススメ。 #晩酌 #純米燗酒 #日本酒 #雄町 #滋賀 pic.twitter.com/qblbUx8kgF

返信先:@Y_GASTRONGER あ、燻製でも色々あるんですね。詳しくなくてごめんなさい💦日本酒ととても合いそうな味でしたが、その店は都内でも西の方なのが残念すぎます😭

返信先:@takarindesu 牡蠣の燻製...!うちの燻製は熱燻なので、作れないやつですね😩 食べに行くしかない!日本酒と合いそうですね☺️

Twitterよし@日本語研究部 部長@Y_GASTRONGER

返信 リツイート 昨日 20:43

久々の #アフォガード 。最初が斜めになってるの気がつかなくてこぼしちゃったけど、軌道修正した。美味しかったなあー。前に食べた日本酒のアフォガードが恋しくなった← #アイス #ice #icecream #アイスクリーム #coffee #vanilla #アイスタログ 場所: 900 Steaks instagram.com/p/Bwg_iXbnxJZ/…

◆炊飯で作れるサムゲタン◇ ①炊飯釜に鶏手羽元と洗った米を入れ、3合のラインまで水を入れる ②斜め薄切りにした長ネギ・ニンニク・おろし生姜・日本酒・塩を加え炊飯 ③炊飯終了後、に盛り、ゴマ油をかければ完成! pic.twitter.com/qLe5PP1enZ

Twitterエスプラン厳選情報@splangensen

返信 リツイート 昨日 20:12

昨晩は久しぶりに銀座しらたまやさんへ。お料理の美味しさは言うまでもなく金沢で調達されたというの数々が本当にステキでじっくり色合いや手触り、お料理との相性を楽しませていただきました。日本酒の銘柄がムスメ😺の名前と同じという偶然にもニッコリ✨ #銀座しらたまや pic.twitter.com/ajJW74uUir

お酒ってで味変わるけど、これは...! 今日は原酒なんですが、比較的日本酒では飲みにくいと思っているのですが、すいすいいけちゃいますね。気に入ったお酒というのもありますが、これは! 陶で飲むよりも甘さが!一人で飲むの勿体無いぐらいですね!

【炊飯で作るサムゲタン】 ①炊飯釜に鶏手羽元と洗った米を入れ3合のラインまで水を入れる ②①に斜め薄切りにした長ネギ・ニンニク・おろした生姜・日本酒・塩を加え炊飯 ③炊飯終了後、に盛りゴマ油をかけて完成!コラーゲンたっぷりpic.twitter.com/vVwGEJUh8a

TwitterBirthdayランキング♡@cookiiing

返信 リツイート 昨日 17:13

吟味した酒器で飲んでこそ日本酒のおいしさが出る

酒器選びには日本酒の味わいをさらに上質にしてくれるポイントがいくつかあり、一つ目は酒を空気にどう触れさせるかということです。
酒は酸素に触れると香気成分が活性化して香りが広がりやすい反面、酸化も起こります。
新酒の場合は空気に触れさせたほうが飲み口が丸くなりますし、新酒に限らず、いろいろな酒を表面積の大きい盃や片口に移すと味わいがかわるのです。
二つ目は日本酒の色調と器の素材や色との調和を考えることがあげられます。
黄金色の酒を透明なグラスに注げば輝きが増しますし、にごり酒を黒などの色の暗いものに注げば酒の白さとの対比を楽しむことができるのです。
三つ目は、その日本酒の香りを考えることで、器の形状は香りの強さと印象をかえます。
香りを閉じ込めるうりざね型や風船型、香りがすっきりと立つラッパ型や円筒型、香りがほとんど感じられない平皿型などがあるのです。
そして四つ目は飲用温度でサイズや素材を決めます。
例えば冷酒は温度が下がらないうちに注げる小ぶりのものや磁気、ガラスという具合に選んでいくのです。

日本酒のタイプに合わせた酒器

日本酒にはそのタイプにあわせてよく合う酒器というものがあるのです。
古酒や秘蔵酒など練れた香りと豊潤な味わいの熟酒には、カットの入ったグラスや内側が金塗りの漆器などで黄金色の美しい色調を楽しみます。
凝縮間のある香りを生かすのであれば小ぶりのブランデーグラスを使用することもあるのです。
純米酒などふくよかな香りでコクのある醇酒には、最も日本酒らしい米のうま味がひきたつように、燗にするなら和の焼き物などにし、辛口の冷酒ならシャープな磁器製などもよく、雰囲気を演出するのが大事とされています。
また、大吟醸酒や吟醸酒など華やかな香りとさわやかな味わいのする薫酒は、最大のポイントは香りを生かすことです。
口が広がったラッパ形状かワイングラスのように香りがわずかに中にこもるタイプがふさわしくなっています。
生酒や本醸造酒など清楚な香りと軽快な味わいの爽酒は冷酒にして飲むことが多いので、小さ目な盃で温度の上がりにくい素材を選び、清潔感のある装飾で演出するものなどを選ぶことで特長をいかすことができるのです。

注目サイト


Last update:2019/4/17