美味しい飲み方

おうちで一杯

「日本酒 飲み方」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@nariagarikonoha 凄いwww∑(๑ºдº๑)!! テキーラは飲み方ショットですか?(°д°) 雷神は日本酒??…🤔💭

26になってようやくお酒の飲み方わかった、正確には二日酔いにならない方法 日本酒一杯飲むごとに麦茶とか挟むと良いっぽい

暑いから日本酒をロックで楽しんでます こんな飲み方どうなん?って思って検索してみたら すでに確立されていて通の飲み方とか書かれてたし 夏はこれみたいな扱いだった 二階の食器棚にロックで酒飲むのにええ感じのグラスを発見したんで使ってみた 冷たくなると白い印刷が水色になる洒落たやつだった pic.twitter.com/n7t2qSybVM

”国香” 製法:本醸造 酒造:國香酒造 (静岡県袋井市)飲み方:冷酒 「地球のへそはどこだ?どこが標準点なんだろうか」#日本酒

日本酒のちょっと変わった飲み方があるんだ!ビールグラスの上に箸を置いて(グラスの上に箸を一膳間隔を空けて置くジェスチャー)そのお箸の上に日本酒のグラスを置いて、それをシェイク。箸の上のカップが日本酒ごとビールグラスに落ちちゃうんだけど(笑)そういう飲み方がカリフォルニアにあるんだ

TwitterSG_Words&Episode bot@SG_WordsEpbot

返信 リツイート 1:05

返信先:@yu_yake_mitai 日本酒は第一印象が悪いと足が遠のきますからな。ファーストインパクトが良いもので幸運でした。 お酒の種類というより飲み方かなと。水飲むの他には空腹時を避ける、なんなら飲む前におにぎり一個食べるという手も。 新潟の日本酒は飲みやすくて美味しいですよー

Twitter燕@モテ即G-2売り子参加@ABUTSUBAME

返信 リツイート 0:42

返信先:@7UYEoHC2tQkkHFB 仲間だ\( ´˘`)/ ラガーとヴァイツェンが個人的に美味しかったからお送りしますよ! 飲み方大事よね! ありがたいm(*_ _)m 日本酒大好きマンなので! 芋焼酎はまだ王道系しか飲めてないからおすすめ知りたいかも!

Twitterマスター@酒エロゲ研究所@MarriageCrimson

返信 リツイート 0:15

返信先:@kyamome32 飯テロは明後日……要監視ってことですね😇ちなみに少しお高かったのですが恵比寿にあるカツのお店が激ウマでしたよ… 日本酒を飲みながら日本酒???????????なんですかその頭悪そうな酒飲みの飲み方は?????????

今日も呑んじまった :(´◦ω◦`):ガクブル でも日本酒、梅酒なら明日に響かないからノーカンです🙏🏻 ストロングゼロは身体に毒だからやめた( ̄▽ ̄;) もちろん、飲み方もあるけどさ… 明日は今年最後のコマツナ祭りです(っ'ヮ'c)<ウッヒョォォォォオ 適当に頑張ろう!おやすも🛏

Twitterはせたく@農家ライダー@hasetaku_cub

返信 リツイート 昨日 23:35

”桶取り伝衛門” 製法:純米吟醸 酒米:こしいぶき 越後伝衛門(新潟市北区)飲み方:冷酒 「都会の喧噪をよそにさらりとたなびく風。追いかけようとした先、それはふっと消えていた」コシヒカリに繋がる米を使用しているので甘さというか味わいがありますね#日本酒

おいしさと楽しみが倍増する日本酒の飲み方

日本には春夏秋冬がめぐり、5つの節句と24の節季があります。
それぞれには、いろいろな意味があり、先人は行事をとおして酒に親しんでいたものです。
季節に合わせてさまざまな飲み方で楽しめるのは日本酒の良さの一つとされています。
時節に適した日本酒の飲み方とは薫酒は果実の様なさわやかな甘い香りが春から初夏にふさわしく華のある食前酒として、爽酒は季節を選びませんが暑い季節に冷やして飲み、醇酒と熟酒は秋から冬にかけて食中酒にし、またいろいろな温度に燗をつけて楽しむものです。
熟酒にかんしては、食後酒にもふさわしいとされています。
限られた時期にしか出回らない季節限定商品は四季を感じるためのものです。
冬から春にかけては寒造りで出来上がったばかりのしぼりたてで、みずみずしい新酒やあら走りなどがあります。
春は新酒の中でも微発泡性で低アルコールの日本酒、夏は絞ってから4、5か月ほど調熟して飲みごろになった生貯蔵酒の冷酒や夏バテ防止になる甘酒、秋には冷やおろしといわれる生詰酒をという具合に、時節に適した飲み方を楽しめるのです。

その場に応じた日本酒の飲み方を知る

日本酒は冷やしても温める飲み方でもおいしく飲めるお酒です。
吟醸つまり冷やすことは一般常識となっており、華やかな香りの薫酒と軽やかな味わいの爽酒は心地よい香りと爽快な後口が楽しめる冷酒が適しているとされています。
夏の暑気払いとしての役割もあるのです。
ですが、吟醸酒のなかにも、燗酒にすることによって、まろやかさと清涼感があわさった飲み口になることもあります。
日本酒は温度に対してデリケートに変化し、5度違うだけでも全く番う印象の味わいになるのです。
特に燗酒では温度を変えるたびに同じ瓶にあったお酒とは思えないほど変貌します。
どのような温度に設定するかは日本酒の奥深さとおいしさを知るための重要なカギとなるのです。
吟醸酒だから純米吟醸酒だからといって、すべて冷酒にしていても本当のよさは知ることが難しく、燗酒にしたときのまろやかさや米や麹からの強いうまみ、すっきりとした辛口の後味は、奥行きと楽しみを知るきっかけとなる飲み方になります。

recommend

医療用かつらを購入する

Last update:2018/3/2