日本酒の愉しみ方

おうちで一杯

日本酒の上手な愉しみ方

日本酒は米と麹と水を原料としているお酒です。
様々な種類がありますが、まず法律上は普通酒と特定名称酒の二つに分類されます。
特定名称酒はさらに細かく種類が分かれており、「純米」や「大吟醸」という名称が比較的よく知られています。
居酒屋に行くと、お店によって取り扱っている種類に違いがありますが、たいていはメニューに日本酒の銘柄が一つや二つはあります。
飲み方には「冷」と「熱燗」の二通りがあり、その日の気分によって変えることができます。
味は銘柄によって様々ですが、だいたい「辛口」もしくは「甘口」だということが評価の基本になることが多いです。
飲むときの器も、他のお酒を飲むときとは違うものを使います。
全体的に角がない「御猪口」と「御銚子」を使って飲みます。
この容器はあまり一般家庭では使いません。
日本酒のアルコール度数は意外に高く、少ない量でもすぐに酔ってしまいます。
そのため、少しずつ噛みしめるように飲む人がかなり見受けられます。
また、つまみとして刺身などの和食が好まれています。
やはり、どちらも歴史と伝統のある飲食物なので、相性がいいのかもしれません。
また、地域の名産品として紹介されたり、酒好きへのプレゼントとして使われたりすることもあります。

日本酒ってどんなお酒?

日本酒は昔から日本人に愛されているお酒です。
冷たくして嗜むのもよし、熱燗にして冬場の寒さを凌ぐのも大変よい方法です。
日本酒は全国に固有の地酒というお酒があります。
各地の名産品・特産品があり、ネーミングや味も本当に様々で、関連する書籍やインターネットで検索すると見ているだけで面白いです。
利酒師なる方もおられるほど、その種類は豊富でその味で合う料理等も変わってくるようです。
基本的にアルコール度数は比較的に高めです。
多くのお酒と同様適度な飲酒は血流を良くするなどの効果もありますが、過度な飲酒は健康を当然害します。
脳の萎縮を招いたり、肝臓や膵臓、腎臓等の臓器に悪影響を及ぼします。
とりわけ日本酒の場合、糖尿病の原因となる事が多いので、元々糖尿病がある方は過度の摂取は厳禁です。
古来より酒は神事にも用いられる程、日本人の生活に長く根ざしてきました。
近年は飲酒運転に対する取り締まりが厳しくなったり、若者の酒離れ等の影響で消費も滞っていますが、根強いファンも多数存在しており、国内を旅行した際にはその土地の酒を楽しむという方も多くおられます。
酒は人生の潤滑油とはよく言われますが、正しい飲み方を身につけてこそ楽しめます。

check

脊柱管狭窄症 治療

古希祝い プリザーブドフラワー

石垣島 シュノーケリング

Last update:2018/5/31